国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合機構(以下、NEDO)が実施する「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業/AI Quest(課題解決型AI人材育成事業)に関する調査事業」において、経営コンサルティングファームのボストンコンサルティンググループ(以下、BCG)がNEDOより受託し作成を行うPBL教材として、タクシーの疑似乗降データを提供。「JapanTaxi Data Platform」に収集されたタクシーデータをベースに、「実在しない」移動データ(乗車降車の日時、曜日、経度緯度)を生成。「PBLプログラム」内での位置データ処理の教材として使用される予定です。今後の「課題解決型AI人材」育成の一助となることを期待します。