JapanTaxi Data Platform タクシーデータで移動の未来を創る

SCROLL

JapanTaxiは、タクシー会社発のIT会社として「移動で人を幸せに。」をミッションとし、日本初の配車アプリによるタクシーの需要喚起、スマホで呼ぶという新たな行動様式の確立。業界初のタブレットによるタクシーのキャッシュレス化と、広告配信という新たなタクシー活用を行ってきました。

新たに、タクシーが持つアセットの価値最大化のために、
JapanTaxi Data Platformを立ち上げます。タクシーを起点としたデータ活用により、今現在の生活を向上させると同時に未来の自動運転社会につなげ、日本の移動を良くしていきます。

タクシーだからこそ取得できるデータ

道沿いの情報 リアルな地域情報の提供 環境センサー 花粉状況など環境情報を収集 車両のワイパーの状態 予報ではないリアルタイムの天気状況 路面状況 インフラ整備 タクシーのプローブデータ 渋滞予測・安全な交通を実現
道沿いの情報 リアルな地域情報の提供 環境センサー 花粉状況など環境情報を収集 車両のワイパーの状態 予報ではないリアルタイムの天気状況 路面状況 インフラ整備 タクシーのプローブデータ 渋滞予測・安全な交通を実現

常に街を走り続けるタクシー

自家用車は朝夕の通勤などある程度決まった時間に走っていますが、タクシー車両は24時間365日走り続けています。

また、バスやトラックは幹線道路を中心に、決まったルートを走っていますが、タクシー車両は幹線道路から細かい道までお客様の行きたい場所に合わせて走行しています。

東京都内4,500台のタクシー車両が365日、街を縦横無尽に走行したデータを活用します。

CASE STUDY

NEWS

MEMBER

  • 取締役 執行役員CTO 岩田 和宏
    取締役 執行役員CTO

    岩田 和宏

    kazuhiro iwata

    東京工業大学大学院を卒業後、大手セキュリティ会社で画像センサーの開発、外資系ベンチャー、スマホ系ベンチャー、mixi、ストリートアカデミーCTOに就任。その後JapanTaxiへ入社。CTOとして、配車アプリをはじめとした複数事業の開発を統括し、タクシー車両搭載の広告タブレットを展開する株式会社IRISの取締役CTOも兼務。

  • 技術フェロー 佐藤 雅明
    技術フェロー

    佐藤 雅明

    Masaaki Sato

    慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任准教授。博士(政策・メディア)。インターネットを基盤とした自動車の情報化を提案し、プローブ情報システムの実証実験、インターネットITS分野の立ち上げや、プローブ情報システムの国際標準規格の策定をおこなう。2012年からシンガポール国立大学(NUS)に赴任し、シンガポールのITS通信基盤、次世代ロードプライシング技術の研究開発と規格策定に携わる。2015年より現職。国内と海外の双方の視点からインターネットITSアーキテクチャ、協調型ITS通信技術、次世代モビリティ等の研究開発、および国際標準化に従事。ISO/TC204の国際専門家、ITS技術標準化専門委員会委員、Singapore IDAのWG委員等、国内外のITS技術・標準化委員等を多数務める。著書に「自動車ビッグデータでビジネスが変わる!プローブカー最前線」(インプレスR&D)、「IoT時代のセキュリティと品質: ダークネットの脅威と脆弱性」(日科技連出版社)など。

移動で人を幸せに。

JapanTaxi MISSION

A地点からB地点への移動をもっと快適なものに。
物理的な移動をしていながらも、家族との団らん、仲間との会話、自分の趣味の時間にできれば、その移動は移動時間ではなくなります。

公共交通であるタクシーで、今現在の移動も、未来の移動でも、喜びに感じる体験を提供し、移動からあなたを自由にしていきます。

ABOUT JapanTaxi

日本初の配車アプリ「JapanTaxi」に代表される配車プラットフォームから、
決済プラットフォーム、広告事業、IoT事業、R&D事業まで、多岐に渡った事業を展開。

社名
JapanTaxi 株式会社
JapanTaxi Co.,Ltd.
本社所在地
〒 102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル
03-6265-6265(代表)
設立
1977年8月17日
資本金
129億1,000万円(資本準備金含む・2018年9月現在)
事業内容
情報処理サービス業、
旅行業(東京都知事登録旅行業 第3-6444号)
役員
代表取締役社長 川鍋 一朗
取締役 海本 桂多
取締役 岩田 和宏
従業員数
130人(2019年3月時点)

CONTACT US

データ活用のお問い合わせは下記よりお願いします。