ビーコンを搭載したキーホルダーなどの専用携帯端末をタクシーに搭載している広告タブレットが探知。タクシーが「動く基地局」として貢献。 2018年1年間で、都内の子どもたちの約30万回の通学、距離にすると7,422kmを見守りました。